生駒組100周年

明日の生きる。生駒組100周年。

大正13年、旭川市の人口がわずか6万人だった時代
生駒組は土木工事の請負業者として創業されました。
開拓者たちが切り拓いた北海道の広大な大地に
トンネルを掘り、道路を敷き、橋を架け、
わたしたちのまち、わたしたちの生活を豊かにすることに
すべての情熱を注ぎ全力を尽くしてまいりました。
これからも、このまちの「明日」をつくる。
みなさんの、生きる基盤をつくり続ける。
私たちが考える「目指すまち」を集めました。
100周年を迎えた株式会社生駒組に、ご期待ください。

三浦史稔 三浦史稔メッセージ
小川陽向 小川陽向メッセージ
安部雅虎 安部雅虎メッセージ
次田秀之 次田秀之メッセージ
菊池尚人 菊池尚人メッセージ
長島盛也 長島盛也メッセージ
東航平 東航平メッセージ
高橋瑠伍 高橋瑠伍メッセージ
平林陸 平林陸メッセージ
岡崎航也 岡崎航也メッセージ

株式会社生駒組
取締役社長

生駒 雅彦

創業一世紀を迎えて

弊社は大正13年(1924年)2月創業以来、昭和、平成を経過して、令和6年 (2024年)に100周年を迎えることができました。
様々な困難にも遭遇しましたが、清・二朗・雅彦の3代を経て現在の生駒組を築くことができました。今日あるのは、それぞれの時代に勤めてくれた、優秀で勤勉な社員の皆様の努力と献身の賜物と思っています。
その社員の活躍を支えているのは、他ならぬ御家族の皆様です。
これから150年200年、企業を継続していくためには社員と御家族の皆様の支援・協力が必須であります。「生駒ファミリー」の一員として、末永くお支えいただければ幸いです。
将来に渡って公共事業を中心に、「縁の下の力持ち」に徹して、旭川・上川・北海道の生活基盤・社会資本整備の一翼を担うつもりでおります。
本来ですと百年社史を綴る印刷物を発行するところですが、SDG's、デジタル化、ペーパーレス化の推進を考慮して、弊社ホームページ内に「社史欄」を作成しましたので、御拝覧いただければ幸いです。
甚だ僭越ではありますが100周年を記念して、ふるさと発展の一助として、旭川市に500万円、旭川更生護協会に100万円寄付させていただきます。

Scroll
大屋響 大屋響メッセージ
越後卓 越後卓メッセージ
植松茂広 植松茂広メッセージ
田代英士 田代英士メッセージ
中村悠登 中村悠登メッセージ
山本晟矢 山本晟矢メッセージ
松嶋覚 松嶋覚メッセージ
池田典正 池田典正メッセージ
松下将也 松下将也メッセージ
木村恭太郎 木村恭太郎メッセージ

旭川市長

今津 寛介

キャッチコピー

ここに市長メッセージが入ります。ダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキスト。

Scroll
森崎将治 森崎将治メッセージ
橋向茂尚 橋向茂尚メッセージ
藤井元尊 藤井元尊メッセージ
西山繁行 西山繁行メッセージ
丸山翔士 丸山翔士メッセージ
History
沿革
田中諒 田中諒メッセージ
松原幸輝 松原幸輝メッセージ
佐藤良一 佐藤良一メッセージ
高橋尚哉 高橋尚哉メッセージ
溝口博幸 溝口博幸メッセージ